新感覚!?柑橘系ビール ビアチェッロ

スポンサーリンク
新商品

どうも。皆さんいかかがお過ごしだろうか。ビール好きmaltwayです。

サッポロビールから新商品として「ビアチェッロ」というビールが発売されている。

俺も以前どこかで目にして、なんだこれは、と思っていたところだった。

そして先ほど近くの酒屋さんに立ち寄った際、再度発見したところだ。
2度目の出会いに運命を感じた、って言うほどのことはないがさっそく買ってみたので飲んでよう。

スポンサーリンク

ビアチェッロとは?

そもそも「ビアチェッロ」とはなんなんだ。ビアと付いているのでビールの一種だとは思うが。

「チェッロ」・・・・。
全然聞き覚えのない単語だ。

そこでまずは公式の情報を確認してみることにしよう。
サッポロビールのサイトには以下のような紹介がされている。

ホップに加えてグレープフルーツとオレンジのピール(皮)を浸漬させることで、ビールらしい麦の味わいに加え、ジューシービターが楽しめる新しいビアジャンルが誕生。いつものビールとはちょっと違う苦みとさわやかな香りをお楽しみください。

https://www.sapporobeer.jp/product/beer/beercello/

なるほど
柑橘系のビールか。白ビールなどオレンジピールが使われているビールは結構ある。その一種ということかな。

しかし説明にもある「ジューシービター」というのも初めて見聞きする単語だが、美味そうな響きだ。
柑橘系のジューシーさと、ビターな味わいか。良い言葉だ。

そこで原材料も確認してみる。

グレープフルーツピール、オレンジピールとの記載

当たり前だけど説明の通り、グレープフルーツピール、オレンジピールが入っているようだ。

日本メーカーのビールでオレンジピールなどの香辛料が使われているビールも珍しい気がする。大手ビールメーーカー以外だと色々な特徴のあるビールが日本にも存在しているけど、それは別として。

有名なのだと、「水曜日のネコ」とかも柑橘系の香辛料を使っていたはず。あれも美味いんだよなぁ。

ビアチェッロの香りはどうか

そんなこんなで早く飲みたい気持ちを抑えつつ、香りを確認してみよう。

実は先ほどビールをグラスに注いでいる最中から、深みのある苦味の香りがブワッと広がっていた。
これは結構香り高いぞ。
グラスに注いでいるだけで香りをしっかりと感じられるビールというわけだ。すごいな。

これがホップの苦味というやつだろうか、そう言う意味では、IPA (インディアペールエール)に似ているような香りがする。

これが・・・ジューシービター・・・・。
ジューシービター・・・悪くないぜ。

香りだけでも俺の期待感は高まるばかりだ。

ジューシービターの味わい

そして期待感マックスの俺はゆっくりのビアチェッロを飲んでみた。

意外とさっぱりとした味だ。ある意味裏切られたような味わい。結構がつんとした苦味を想像していた自分がいたからだ。

苦そうな香りはするのだが、飲んでいる時、そして飲んだ後の後味に苦味がほとんど残らない。

一言で言うとさっぱりした苦味という感じだろうか。
結構特徴がある苦味であり、それが美味しい。

そんなことを考え、ちょっとしたサプライズに関心しながら缶の洒落たデザインを眺めていると・・・

NIGA MINO CHIGAIGA WAKARUKANA

「NIGA MINO・・」

苦味の違いがわかるかな」と書いてあった。成分など事細かに確認していたくせに全面に堂々と記載しているこの文章に全く気づかなかった。いつの間にか苦味の違いがわかる男かどうか試されていたとは・・・
なぜかはわからないが、ビアチェッロに完全に敗北した気分だ。

違いのわかる男か・・・うん。
そんな人に私はなりたい。

ちなみに色は黄金色、美しい・・・

ちなみに色は透き通る黄金色。グラスに入れてこそわかる色。綺麗な色だ。色を楽しむという点でもグラスに入れないで飲むのはもったいないと言える。まあ、たまに缶のまま飲んでしまうことは俺もある。

まとめ

飲む前グラスに注いだ時の香りは強めだった。そのためビールを好まない人や苦味が得意ではないって人にはどうかという印象があった。

しかし飲んでみるとさっぱりと飲めるビールだったので誰にでもオススメできる。むしろフルーティな味わいもあってビール入門にも良いのではないだろうか。

後味爽やかな苦味という特徴もあってこれはビアチェッロならではの味。
ぜひ飲んで確かめてみて欲しい。

ちなみに俺はビールメーカーの人間ではないので安心して欲しい。(無理に持ち上げているわけではないよ)

そしてどの酒にも言えることだが、さっぱり飲めるからといって飲み過ぎないように注意することだ。

ちなみに俺が一番飲み過ぎてしまうのは日本酒である。美味い日本酒に限って水のようにスルスル喉を通っていく。しかも日本酒はアルコール度数も低くはない。大体14%ほどだろうか。

そのため基本的に家の外では日本酒を飲まないようにしている。苦肉の策だがアルコールにはそんなリスク管理もたまには必要になるということだ。

まあ、それなりに酒の席での失敗などを経験している俺は人に注意できる立場でもないか・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました