mBF 003:Budweiser (バドワイザー)

スポンサーリンク
maltway BeersFile

仕事や勉強、忙しい日に限ってなぜか晩酌したくなっちゃったりしますよね。
その現象に名前を付けたい。どうもmaltwayです!

軽くビールでも飲もうかなという日の夕方、酒屋かスーパーなどでなんのビールを買おうか迷う。
よし、今日は瓶ビールをさらっと飲みたい。そんなあなたに。

KING OF BEERS」バドワイザーです!

スポンサーリンク

ビアデータ

Budweiser (バドワイザー)
原産国:アメリカ
メーカー:Anheuser-Busch InBev N.V.(アンハイザー・ブッシュ・インベブ)
ビアスタイル:ライトラガー
原材料:麦芽・ホップ・水
アルコール:5%
値段:¥213 (355ml 2019/04 某酒屋 税込)

KING OF BEERS

世界的にみるとトップレベルで売れているビールとなるのではないでしょうか。
バドワイザー。

特別ビール好きって方ではなくても、
一度は飲んだことあるのではないでしょうか。

でも日本のバーとかだとコロナはあるけどバドワイザーはないってことが結構ある気がする・・・(なんでだろう)

コロナはライムを入れて飲むイメージが定着していて、日本ビールと差別化できてますけど、
バドワイザーはそのような差別化ができていないというのも理由になるのかしれません。(日本国内においては)

バドワイザーのビアスタイルはライトラガーです。
味はさっぱりですね。

苦味が強いわけでもなく、深いコクがあるわけでもなく・・・
う〜ん、なんと説明して良いやら。

日本メーカーのビールに慣れている人も違和感なく飲めちゃう味だと思います。

少し甘みがあって飲みやすいです。
ビール苦手女子なんかもリッターでいけちゃいます。(嘘)

個人的にはライムなしコロナよりは好きってくらいです。
バドワイザーも瓶のままラッパ飲みしたくなります。

まあコロナ同様、何も考えずにゴクゴクいけちゃう(いくべき)ビールですね!
ほんと水の代わりとして飲みたい!

あとラベルのデザインがカッコいいです。
さすがキング

そのカッコ良さを買われたからかどうかは定かではありませんが、海外の映画を見ている時、なんのビール飲んでるのかな〜とよく見るとバドワイザーだったってこともありました。
(なんの映画だったかは忘れてしまったので思い出したら追記します。。。)

普通に安定して飲めるビールって感じでしょうか。
個人的には軽めのビールを瓶のままラッパ飲みするとテンション上がったりするので
キンキンに冷やしてそのまま飲むのが好きです。

瓶で飲んでる時って「ラフに飲んでる俺、カッケー!」って気分になって良いんですよね〜(←ナルシスト)

もしやこれも映画とかのイメージ操作なんですかね・・・
でも、味以外の要素にも価値を感じさせているってことは良いブランディングがされているってことでしょうか。

どんなものに対しても、そのものの価値って一面的には決められないものですよね。

麒麟が製造?

2018年の末までは麒麟が日本でのライセンス製造と販売を行ってたけど、それ以降は自社で輸入・販売を行っているようですね。その影響か最近安くなった気もする・・前の値段忘れちゃったけど。

輸入業者にアンハイザーブッシュインベブジャパンとある。

自社販売になって味も少しは変わったりしてるのかもしれないけど・・・
じっくり飲み比べたりもしてないので、わかんないですね。(キッパリ)

総評

玄人好み度       : ★★☆☆☆☆☆☆☆
苦手な人へのオススメ度 : ★★★★☆☆☆☆☆☆

とにかく飲みやすくて、さっぱりビールかつ「KING OF BEERS」なので一度は飲んでみることをお勧めします!
場所によってはコンビニなんかでも売ってます。

(ビールへの評価・感想はmaltwayの個人的なものです。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました